軽自動車専門店

「軽自動車専門店」ですから各軽自動車メーカーが発表するニュースリリースはこまめにチェックしています。今は新車でもいずれは中古車になるわけですから覚えていて損はありませんし勉強にもなります。

で、先日「ダイハツ」のHPを見てみると創立100周年を記念した特別仕様車の第二弾が発表されていました。発表されたモデルは「エッセ VS メモリアルエディション」「テリオスキッド カスタム メモリアルエディション」「Copen ULTIMATE(アルティメット) EDITION(エディション) II MEMORIAL(メモリアル)」特に目を見張ったモデルが「Copen ULTIMATE EDITION II MEMORIAL」昨年発表された「Copen ULTIMATE EDITION」に対して質感が異常なほど向上。まさに軽自動車の頂点というべき内容じゃないでしょうか。ノーマル「Copen」との違いは…

・ ブラックメッキフロントグリル
・ アルティメット専用サイドエンブレム
・ クリアボディサイドターンランプ
・ クリアクリスタルリヤコンビランプ
・ クリアハイマウントLEDストップランプ
・ シャインブラックセンタークラスター
・ シャインブラックレジスターベゼルリング
・ メッキインナードアハンドル
・ メッキパーキングブレーキレバーボタン
・ ホワイトメーター(メッキリング付)
・ シリアルプレート(2007年12月26日ご注文分まで)
≪アルティメットエディションからの継続装備≫
・ レカロシート<アルカンターラ※1 (キャメル※2/オレンジ)>
(シートヒーター付)
・ MOMO製本革ステアリングホイール(キャメル※2/オレンジ)
・ ドアトリム(キャメル※2/オレンジ)
・ ビルシュタイン製ショックアブソーバー
・ BBS製15インチアルミホイール
・ ビルシュタイン テールエンブレム
     ※1 アルカンターラは東レ(株)のスエード調人工皮革。
     ※2 新設定色

車体色 新色ダークレッドマイカを含む全9色(内6色はメーカーオプション) いかがでしょう。シートもサスペンションもアルミも世界的パーツメーカーのものを採用し走りを追求。そこに質感をぐっと向上させるために採用されたパーツ類。もう言うことなし!軽自動車界のセレブカー。もう「ご馳走様」って感じですね。

しいて注文をつけるなら「エンジン」に手を加えて欲しかった。新型エンジン搭載でもOKですしチューニングメーカーで特別に手を加える…なんて面白いと思うのですが。例えばトヨタ傘下らしくの「Produce By TOMs」「Tuned By TRD」なんて面白いと思うのですが・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。